生漢煎で便秘になる?おならが出やすくなる事も?

生漢煎で便秘になる?おならが出やすくなる事も?

生漢煎と便秘、おならの関係性など!

 

 

生漢煎 防風通聖散と便秘や、おならとの関係性について書いていこうと思います。

 

生漢煎 防風通聖散を使いたいけど便秘にならないかな?と疑問に思う方や、防風通聖散だしおならが出やすくならないかな、と不安になる方も居るかもしれませんね。

 

そこで今回は、生漢煎と便秘、おならなどとの関係性についてまとめていこうと思います。

 

=>生漢煎 防風通聖散を激安購入したいならコチラ

生漢煎で便秘になる?

 

 

グーグルで検索窓に「生漢煎 便秘」と入れると「生漢煎 便秘になる」「生漢煎 便秘になった」といったキーワードがでてきますよね。
この事から「生漢煎 便秘」というキーワードは、生漢煎を飲む事で便秘になるんじゃないかという想像ができますよね。

 

ただ、パッケージには「肥満症・便秘むくみに」と書かれていますよね。

 

こうしてみると、肥満症や便秘、むくみに効くという風に見えます。

 

これって結局どっちなのかって疑問に思ってしまいますよね。

 

 

この点についてですが・・・

 

便秘は生漢煎で改善する事は十分可能と言えます。

 

やはりパッケージに書いているように便秘には効果があります。

 

効能・効果にも便秘とありますし、便秘には効果があると思ってもらって大丈夫ですよ。

 

 

恐らく

 

「生漢煎 便秘」

 

と検索している人が多く、グーグルなどのキーワードでこういったキーワードを見て・・・

 

 

「もしかして生漢煎は便秘になりやすいのかな?」

 

と思ってしまい・・・

 

 

「生漢煎 便秘になる」

 

というキーワードで検索する人が増えたのでしょう。

 

 

そして、それを見て完全に

 

「生漢煎は便秘になりやすいのかぁ」

 

と思ってしまう方が増えて、こういった結果になったのだと思います。

 

 

あくまでこれは推測ですが、少なくても生漢煎を使って便秘になるという事はほぼ無いと思いますよ。
希に体に合わない人が居て、そういった方は便秘になってしまうかもしれません。
ただ、これは本当の希なので、基本的には生漢煎で便秘になる事は無いと思って良いでしょう。

 

生漢煎でおならがでやすくなる副作用はある?

 

 

生漢煎 防風通聖散で、おならがでやすくなる副作用ってあるのでしょうか?

 

生漢煎 防風通聖散には副作用が少しですがあります。

 

その副作用の中に「おならが出やすくなる」という副作用があるかどうか、という点ですよね。

 

この点ですが・・・

 

おならが出やすくなる副作用は残念ながらあります。

 

 

先ほども書いたように、生漢煎では便秘になる事はなく、逆に便秘を改善する効果があります。

 

便秘を改善するわけですから、便通を良くする効果があるわけです。

 

便通を良くするわけですから、同時に「おなら」も出やすくなるわけですよね。
この副作用に関してはしょうがないと思います。

 

 

この副作用は嫌と言えば嫌ですが、トイレに行く頻度を増やす事でなんとか対策できると思います。

 

便通が良くなるので、トイレに行きたい、とならなくてもとりあえずトイレに行けば出るものです。
ですので、トイレに行きたくなくてもとりあえずトイレに行って出すものを出してください。

 

そうすればおならが出る頻度も減るはずですよ。

 

 

おならが出るのが気になるのは分かります。

 

ですがそれが嫌で、生漢煎 防風通聖散を買わないのはもったいないと思いますよ。

 

=>生漢煎 防風通聖散を買いたいならコチラから

生漢煎で下痢になる副作用はある?

 

 

生漢煎 防風通聖散で下痢になる副作用はあるのでしょうか?

 

生漢煎 防風通聖散に関してですが、冒頭でも触れましたが、生漢煎 防風通聖散は便秘を改善する効果、つまり便通を良くする効果があるわけですよね。

 

便通を良くするというのは、効果が効きすぎた場合は下痢になってしまう事もあります。

 

 

ちなみに、これはシャクヤクという腸に強く働きかける生薬のおかげです。
さらに、排便を強く促す生薬のダイオウも入っています。

 

ダイオウは下剤や便秘解消のための生薬なのです。

 

下剤にも使われているわけですから、効きすぎたら下痢になってしまうのも無理はありませんよね。

 

 

これに関しては仕方無いと思います。

 

ただ、あくまで効きすぎたらという話です。

 

どなたでも下痢になるわけではありません。
むしろ多くの方は下痢にならず便秘が改善する程度に収まると思いますよ。

 

 

また、下痢になったとしても好転反応という可能性もあるんですよね。

 

好転反応は漢方や健康食品を服用する時、はじめに現れる反応です。
これはあくまで、新しい刺激に対して、体が一時的に反応しているものであり、順応するまでのものなので、使い続ければ治まっていくでしょう。

 

ただ、あまりにもひどい時などは好転反応ではなく、体に合わずに副作用が出ている可能性もあります。
そういった場合はすぐに服用を辞めるようにしてくださいね。

 

基本的には、適切な量を遵守して服用していけば副作用の心配は無いはずなのでご安心下さい。

生漢煎と好転反応に関して

 

 

生漢煎 防風通聖散と好転反応に関して、もう少し詳しく書いていきますね。

 

生漢煎 防風通聖散に関してですが下記のような副作用があります。

 

  • 下痢を起こす事がある
  • 軟便になることがある
  • 腹痛を起こす場合がある
  • 汗をかきやすくなる

 

下痢に関しては先ほども書きましたが、下痢以外の副作用に関しても基本的には好転反応です。

 

あくまで、上記の副作用に関しては、胃腸の働きが急によくなったという好転反応です。

 

ですので先ほどの便秘の時と同様で、飲み続けていることで治まるようになっていますよ。

 

 

ただ、これも先ほど書いたように、飲み続けてもずっと副作用が続く場合や、あまりにもひどい場合に関しては体に合っていなくて副作用が出ているという可能性もあるので、服用を辞めた方が良いと思いますよ。

 

一応、先ほども書いたように基本的な生漢煎 防風通聖散の使い方をしていれば副作用は起こらないはずです。
基本的に好転反応と考えつつ、症状が治まらなかったら辞めるというのが一番ですよ。

 

ほとんどが好転反応という事もあり、安心して生漢煎 防風通聖散を使えると思います。

生漢煎で肝臓への影響はある?

 

 

生漢煎 防風通聖散で肝臓への影響はあるのでしょうか?

 

生漢煎 防風通聖散に関してですが、先ほど書いたものは基本的に副作用よりも好転反応である可能性が高いです。

 

ただ、肝臓への影響に関しては残念ながら副作用となります。

 

 

生漢煎 防風通聖散は、肝機能障害の副作用が発生する事があります。

 

肝機能障害というのは肝炎、 肝硬変、脂肪肝などです。
そして厄介なのが、初期症状が分かりづらいという点です。

 

肝機能障害は初期症状がほとんどないので、もし下記のような異変を感じてしまったら早めに病院に行きましょう。

 

  • 発熱
  • 倦怠感
  • 黄疸
  • 褐色尿

 

初期症状がないので、こういった症状を参考にしてくださいね。
病院に行って医師に相談するのが一番確実と言えば確実かもしれませんね。

 

基本的に生漢煎 防風通聖散には副作用はほとんど発生しません。
もちろん、正しい方法で使っていたら、という事になりますが・・・。

 

ですので、安心して生漢煎 防風通聖散を使えると思いますし、非常におすすめですよ。

 

 

そして生漢煎 防風通聖散に関してですが、購入するなら公式サイトの定期購入がおすすめですよ。
定期購入することで7,800円→3,900円という半額で購入できるんです。

 

これなら購入しやすいと思います。

 

ちなみに生漢煎 販売店である公式サイトは下記からアクセスできますよ。

 

 

=>生漢煎 防風通聖散の公式通販はコチラをクリック

ホーム RSS購読 サイトマップ